うるしとわたしたちのくらし 〜受け継がれてきた九千年の歴史と文化〜

木地師に聞く!教えて!名人!

木地師
佐賀 義之(さが よしゆき)さん

洋野町で木地職人として腕を磨く佐賀義之さんは、旧大野村が募集した「クラフトマン養成塾」に応募、 1999年に岩手県にやってきました。
それまでは埼玉県で林業関係の会社で働いていました。林業関係といっても、 木工とは全く関係のない仕事。クラフトマン養成塾への応募が木工職人としての道を歩むきっかけでした。

photo

3年間の研修期間を終了して、職人として独立したのがちょうど30才。
最初の3年間は大野木工と呼ばれる木工品を製作していましたが、3年ほど経った頃に、 師匠の勧めもあり漆器の木地を中心にした仕事をするようになりました。

佐賀さんに木地作りの仕事について聞いてみました。