うるしとわたしたちのくらし 〜受け継がれてきた九千年の歴史と文化〜

漆掻き職人の道具(2)

◆皮剥ぎカマ(かわはぎかま)
木の皮をはぎ取るための道具です。 また、皮をはぐ仕事のことを「カマズリ」と呼ぶこともあります。

photo 木の低い部分で手が届きやすいところをはぐときは、刃の真っ直ぐな部分を使います。 手を伸ばさなければ届かない高いところをはぐときは、刃の上側の曲がったところを使います。


photo 刃と柄(え)の境目には、わざと、くぎが横に飛び出すように打ち付けられています。 これは、作業中に、手がすべって刃の方にいってしまうのを防ぐために工夫したものです。