神楽の歴史

神楽 分類と特色

巫女神楽

古来降臨するの「依り代」として、樹木や、、そして加えられなどが神座として祀られてきましたが、人間自身神座となり、降臨請うた独立して、巫女神楽として成立したと考えられています。
託宣行うために無我境地入っていく回転動き特徴がある「神がかり系」と、優美さに重きをおいた、祈祷奉納要素濃い八乙女系」に分かれており、神社祭礼などで行われる巫女舞は、八乙女系属するものがほとんどです。
現在男性舞っているものでも、もとは巫女舞ったものと考えられる神楽演目見られます。

代表的な巫女神楽の紹介
春日大社社伝神楽  奈良県奈良市春日町

巫女神楽

春日大社では、巫女古くから行われていました。延喜(901~923)の時代に、春日八乙女として巫女舞詠んだが「拾遺集」に収められていることからも、歴史古さ想像難くありません。
は、付歌小鼓などの持つ神楽男琴師舞う巫女構成されています。洗練された優美特徴があります。