神楽の歴史

神楽 分類と特色

山伏神楽・番楽

山伏によって行われ山伏神楽番楽代表される伝承されている神楽は、岩手青森秋田山形の4集中しています。この地域には、修験霊山として名高い多いことが特徴として挙げられます。現在は、民間方々によって舞われますが、もとは山伏のみが集り一団成して、霜月旧暦11)のから正月にかけて、村々訪れ舞ったものとされています。
姿現し獅子頭を「権現」として奉じており、権現舞、または獅子舞として組み入れられています。によって、山伏神楽番楽獅子舞権現舞、ひやま、能舞など様々呼び名があります。

代表的な山伏神楽・番楽の紹介
岳神楽  岩手県花巻市大迫町 (国指定重要無形民俗文化財 ユネスコ無形文化遺産

岳神楽

岩手の神楽: 「岳神楽」の紹介