神楽の歴史

神楽 その起源と歴史

神楽の始まり

そもそも、神楽とは、なんでしょうか。広辞苑によれば、「神座かむくら」が転じたものとされています。かむくら、かんぐら、かぐらと変化していったというのが語源定説です。また、この場合神座は、一つ場所そのものを指すのではなく、神座における所作全般意味しているようです。
神楽学ぶこと、それは信仰歴史学ぶことと密接結びついています。日本信仰始まりは、縄文時代まで遡り残る数多く縄文時代遺物からも、自然崇拝呪術重視していた暮らし垣間見ることができます。
自然崇拝からの流れ汲み自然事物降臨し、鎮座するという観念明確になってくると、降臨した宿す依り代」としての巨石樹木、そして太陽昇り沈む聖域である高い祭祀対象物とし、やがて、加えられた神座設けられるようになっていきます。
こうして神座に、迎え祈祷祭祀行います。祈祷は、人々長寿豊穣実り、また、災難追い払うことなどが目的とされていたようです。

文献に見る芸能と神楽の起こり

神代を表現したイラスト (サイズがわからないので適宜変更していたければと思います)

文献に、初めて芸能について書かれたものが登場するのは、「古事記」や「日本書紀」に書かれた「岩戸隠れの段」という神話です。天鈿女命アメノウズメノミコトという神様が、天の岩屋踏み鳴らし踊り天照大神アマテラスオオミカミ天の岩屋から出るきっかけを作ったというもので、この天鈿女命踊りは、神楽含む後世様々芸能起こり結び付け語られています。
では、「神楽」という文献登場するのはいつでしょうか。最古のものとしては、「万葉集(759年頃」ですが、万葉集編纂されたは、まだ宮廷神楽整ってはいなかったようです。ここでは、鎮魂祭などの指しているものと考えられています。
古語拾遺(807」では、猨女君サルメノキミ仕事神楽という記述があります。猨女君天鈿女命子孫であり、鎮魂司っていたので、ここに出てくる神楽も、鎮魂祭指しているものとされています。
古語拾遺から半世紀ほど経て貞観年間編纂された「儀式」のに、「祭儀終了したに、歌舞伴った神楽行った」という記述があり、祭り終えた神涼しめ遊びとされています。「楽」は、鎮魂意味する古語である「アソビ」という読みもあり、中世には芸能意味するとしても使われていました。

神楽を伝える者たち

神楽は、現在日本全国伝承されており、宮中行われる御神楽と、民間行う里神楽の2種類大別することができますが、里神楽は、巫女神主山伏といった人々によって伝承されてきました。
里神楽がどのように伝承されてきたのか。この歴史変遷については、神楽研究でも最も遅れている分野とされ、はっきりさせることは現段階では難しいようです。
古来巫女中心神事としての神楽が、今日男性中心神楽変遷するに、神主山伏など関わった人々存在をはっきりと示しながらも、その道筋知るためには、芸態から探っていくより方法はないようです。
里神楽種類は、本田安治分類によれば、それぞれの特色従って、①巫女神楽、②出雲流神楽、③伊勢流神楽、④山伏神楽番楽太神楽含む獅子神楽、⑤奉納神事舞の5つに分けられます。これらの神楽は、各種各様ですが、一貫した特色としては、必ず神座設け神々招請をもって執り行うことが挙げられます。
古来祭祀文化伝えるもの。畏敬感謝込めた祈り表現。そして、人々笑顔へと導く娯楽として-。神楽目的様々ですが、たちの暮らし寄り添ってきたものだと言えるでしょう。

神名漢字表記について
本田安治書籍菅原盛一郎の「日本芸能 早池峰流山伏神楽」に沿って日本書紀表記使用しています。