皆さんからのメッセージ

神楽衆の皆さんに聞きました

佐々木 隆嗣ささき たかし さん (昭和20年生) 保存会長 舎文 米上げ 御花
注意されるのもしょうがねぇな。

佐々木 隆嗣さん

は、八木巻神楽よりもに、竪沢集落鹿踊覚えたんですよ、若い頃は、鹿踊人数足りなくて、神楽人数足りていたんです。22、3でしょうか。当時神楽衆だった鶴吉さんに「地元神楽があるんだから、やれじゃ」と呼び戻されたような神楽本格的始めました。でも、鹿踊格好についているからね、女形姿習得するのに苦労しました。注意されて、注意されて。一緒始めた若いたちは、すんなり覚えていくのにだけ抜けないんです。でも、やめようとは思わなかったし、注意されるのも「しようがねぇな」っていう気持ちになるんですっけ。

八木巻神楽は、昭和53大迫町文化財指定されました。また、平成開催された「三陸・海の博覧会」に招かれ公演し、お客さん見られるということを意識始めたのはこのです。練習定期的行うようになっていきました。

足しもしない、引きもしない。そのままを伝えていく。

参加している若い神楽衆熱心さには、本当下がります。積極的若い世代引っ張られて活動広がっています。ですが、どんなに活動広くなっても、たちが伝えていくことの変わりません。それは、“足しもせず、引きもせず、そのままを伝えること”。忠実伝えることを心がけていますし、それを守っていってもらいたい。
「“これでいい”と思ったらその成長止まってしまう」と、鶴吉さんがよく言っていましたが、神楽一生かけて学んでいくものだと思っています。

佐々木 隆嗣さん

みなさんの支えられ。

昨年年間公演回数も35超え後援会設立されました。「八木巻神楽好きだ」と言ってくださるファンの増え、とてもうれしく思っています。
神楽行ぐ」と言えば協力してくれる家族地元たちの存在大きい神楽出ているのは神楽衆ですが、全体支えているのは、こうしたなんだと思います。八木巻神楽は、皆さんのサポートや愛情受けて成り立っているんです。こうした環境のもとで神楽ができることに深く感謝しています。