神楽の構成

舞の種類

翁舞

国常立命クニトコタチノミコト云われ、また、天象ともいわれる翁舞悠久刻み込まれ威厳あふれる白い、そして、鳥兜舞いにふさわしい、ゆったりと荘厳です。
咲き初めしなりて。降るまでもはおとらず、かのありつる。諸神諸仏の、七世逢うたるのめでたさよ。」と、厳しいにも朽ちない木の実七代会う喜びをうたい、祝います。
ゆったりとした拍子は、後半拍子変わり経て衰えることのない発しながら、翁舞進められます。
ゆったりとしたほど、そのさばきや位置角度など、きめ細やか動作所作難しさがあります。老練舞うには舞手にも熟練された高い技術表現力求められます。

翁舞

翁舞

翁舞

翁舞