神楽の構成

舞の種類

鳥舞

式六番最初舞われるのが鳥舞
天神七代終わり伊耶那岐命イザナギノミコト伊耶那美命イザナミノミコト二神が、優雅睦み合う姿表す云われています。
清め、そしてまた、天地和合とも云われています。
女性的装いによる二人舞手が、をつけず、鳥兜をかぶって舞います。鳥兜にはそれぞれ白い載り始め雄鳥雌鳥から登場します。
鳥舞には「舎文」といわれる語りもなく、運び使い方など、必要基本動作入っています。そのため、神楽修行はこの鳥舞から始められます。

鳥舞

鳥舞

鳥舞

鳥舞